クレジットカードを所持するなら知っておくべき防犯の基本


クレジットカードは非常に便利なものであり、また昨今ではインターネットなどの通販が増えてきたため、利用を希望する人も多くなってきました。
クレジットカードは非常に簡単に決済に利用できる反面、悪用されると非常に大きなトラブルを引き起こすこととなります。

check2


ですからクレジットカードを所持するのであれば知っておくべき「防犯の基本」を抑えておく必要があるのです。



まず何よりも大きな基本となるのが「暗証番号」についてです。
現代の社会ではICチップが利用されたクレジットカードが主流になっていますが、そのカードを利用する際には暗証番号を入力しなくてはなりません。
これによって高額の取引などの悪用は予防されるのですが、逆説的にいえば「暗証番号が知られたのであれば不正利用されるリスクが高まる」ということにもなります。
特に生年月日や電話番号といったような単純な数字の羅列を暗証番号にしてしまうと、すぐに悪用されます。
また一時的に利用するロッカーの暗証番号や、銀行口座、別のカードなどと同じ番号にすると、それが原因で暗証番号が他人に知られてしまうこともあり得ますから、こうしたポイントにも注意しなくてはなりません。


また「カード自体の管理を厳重にする」ということも重要です。
この管理においては「常に手元に置く」ということが重要です。
財布のポケットなどに入れておいて、定期的に無くなっていないかどうかをチェックすることで、万が一落としてしまったとしてもすぐに対処できるようになります。


また利用するという際にも信用できない業者に対してはカードを利用するべきではありません。
特にクレジットカードの読み取り機に、後から情報を不正に取得するための機械が取り付けられていることも最近では多く、それによってカード情報が筒抜けになることがあります。


クレジットカードは便利なものであるだけに、その所持の際には防犯意識を持つことが重要です。